本文へジャンプ
HISTORY

COLD SLEEP

COLD SLEEP

ヴァイオリニストとしてのみならず、舞台芸術と一体化したパフォーマンスで独自の世界観を持つ川井郁子氏のデビュー10周年を機に、ロシア・バレエ界の帝王:ファルフ・ルジマトフ氏との「究極のコラボレーション」を全面的にプロデュース。書き下ろしのストーリー(脚本)・振付・舞台美術・衣装・ヘアメイクなど全てにおいてオリジナルにこだわり、独創的で唯一無二のステージが実現。

このコンサートの詳細な概要はこちら

開催年 2010年10月
会場 新国立劇場 中劇場
集客規模 各公演800名(合計4,000名)
出演者 /
スタッフ
ファルフ・ルジマトフ(バレエ)、川井郁子(ヴァイオリン)、高田みどり、服部博之、辻祐(以上打楽器)、鈴木勝秀(構成・演出)、岩田守弘(振付)、塩入俊哉(音楽監督)、朝川朋之(アドバイザー)、二村周作(美術)、原田保(照明)、木田肇(音響)、原まさみ(衣装)、鎌田直樹(ヘアメイク)、清水史子(通訳)
クライアント ジャスビコ(協賛)、日本ウエルネス(協賛)、ハリオグラス(協賛)、オフィス・トゥー・ワン(特別協力)