本文へジャンプ
HISTORY
  • 1002 Co.,ltd.
  • HISTORY
  • Music Weeks in TOKYO "スーパー・コーラス・トーキョー" お披露目イベント & デビューコンサート

Music Weeks in TOKYO "スーパー・コーラス・トーキョー" お披露目イベント & デビューコンサート

Music Weeks in TOKYO "スーパー・コーラス・トーキョー" お披露目イベント & デビューコンサート

現代のカリスマ合唱指揮者ロベルト・ガッビアーニが選んだ精鋭と、東京のプロの合唱団の選抜メンバーが集結した“スーパー・コーラス・トーキョー”。日本の合唱能力の高さを東京から世界に向けて発信しようと、そのオーディションから公演までの一連の制作を行う。「ミュージック・ウィークス・イン・トーキョー」の一環として実行委員会事務局を設置。

開催年月 2010年9月・10月
会場 めぐろパーシモンホール、東京国際フォーラムホールC、パルテノン多摩、サントリーホール
集客規模 各公演800名~1,500名(合計4,000名)
主な出演者 ロベルト・ガッビアーニ(指揮)、イオン・マリン(指揮)、ヴィクトリア・ヤストレボヴァ(ソプラノ)、藤村実穂子(メゾ・ソプラノ)、マリウス・ブレンチウ(テノール)、ロベルト・スカンディウッツィ(バス)、東京都交響楽団、スーパー・コーラス・トーキョー
クライアント 東京都、東京文化発信プロジェクト室