本文へジャンプ
ABOUT US

代表プロフィール

代表取締役社長 徳永英樹

株式会社1002
代表取締役社長 徳永英樹
President Hideki Tokunaga
・ 一般社団法人日本クラシック音楽事業協会
 専務理事
・ 音楽プロデューサー

1972年 東京都出身。幼少時よりヴァイオリンとピアノを学び、クラシック音楽の造詣を深める。
1991年桐朋学園大学音楽学部入学。在学中より友人のアーティストのコンサート制作を手掛けるなど、人と音楽の出会いを演出する喜びに目覚める。「音楽による感動のプロデュース」を一生の仕事と決め、1995年同大学卒業後、株式会社1002に入社。
音楽事業部に配属され、それまでの22年間で蓄積した音楽の知識・経験・企画力を発揮し、入社初年度から「JTアートホール室内楽シリーズ」オープンプロジェクトのプロデューサーを務める。その後も様々な大型プロジェクトを牽引し、次々と成功に導く。
2001年同社取締役に、2003年30歳で全株式を取得し同社の代表取締役社長に就任、現在に至る。

自身のルーツであるクラシック音楽を中心に、幅広いジャンルに精通するノウハウと企画力、国内外のアーティストやオーケストラ、作・編曲家との親密なネットワークをベースに、コンサート、音楽祭、各種イベントなど、あらゆる音楽シーンにおいて、企画から制作・演出・運営までトータルなプロデュースを行う。
1998年「りゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館」、2010年「新ヤマハホール(東京)」など、新設ホールの建設プロジェクトではコンセプトワークやコンサルティング、オープニング公演の企画制作など一貫した業務に参画。

その他、映画やテレビ番組の音楽制作、フィギュアスケートやサッカーなどスポーツとライブ演奏のコラボレーション、有望アーティストのCDを数多く手掛けるなど、そのプロデュースワークが多方面から高い評価を得ている。

現在は、社長業の傍ら、大学や各種音楽セミナーの特別講師なども精力的に務めている。

プロデュース業に辣腕を振るう代表・徳永英樹を筆頭に、
少数精鋭のスタッフがクラシック音楽にまつわるニーズを全力でサポートします。